論文の引用?共著関係からみる我が国の研究活動の国際展開に関する分析[調査資料-285]の公表について

2019年11月22日(金)

 科学技術?学術政策研究所(NISTEP)では、我が国の研究活動の国際的影響の状況を把握するため、論文データベースを用いて、国際的被引用及び国際共著の状況について新たな指標の導入及びそれらを用いた地理的分析を実施しました。
 全分野及びSDGsなどに関係した6分野の詳細分析から、研究規模の大きな国?地域の中では米国、中国、韓国、台湾が、研究の成長性が高い国?地域ではインドネシア、ベトナム、フィリピンと言ったASEAN加盟国が、日本と高引用?高共著関係にある国?地域、つまり研究成果の普及?協力関係の構築において日本と関係が強い国?地域として特定されました。

詳細につきましては以下のリンクより御覧ください。

ライブラリ:論文の引用?共著関係からみる我が国の研究活動の国際展開に関する分析[調査資料-285]

RB88热博官网